×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アメリカ50州空港レンタカーの紹介

アメリカ50州の主要都市空港の空港レンタカーを紹介します。合わせて、Google Earthで、空港の全景、及び主要都市のダウンタウンとダウンタウンへの距離と時間を、ストリートビューでレンタカーリターン案内を紹介します。また、空港から行ける主要なアメリカ合衆国国定歴史建造物(National Historic Landmark)や動物園、スタジアムも紹介します。

アメリカ50州空港レンタカーの紹介

下の写真をクリックすると大きく表示されます。
Google Earthで見たアメリカ合衆国
Google Earthで、3D表示されたアメリカ合衆国。アメリカ50州空港レンタカーの紹介サイトでは、Google Earthで表示されたアメリカ50州の主要空港と主要都市のダウンタウンの3Dモデルを紹介させていただいています。


Google ストリートビューで見たホワイトハウス
Google ストリートビューで表示されたホワイトハウス。アメリカ50州空港レンタカーの紹介サイトでは、Google ストリートビューで表示されたアメリカ50州の主要空港のレンタカーリターンの案内をストリートビューで紹介させていただいています。



各州の空港レンタカー紹介ページでは、主要空港の解説および、空港レンタカー会社の紹介、そして、空港からダウンタウンやアメリカ合衆国国定歴史建造物(National Historic Landmark)や動物園、スタジアムへの距離、時間を紹介しています。

アメリカ国外在住者が、アメリカ国内でレンタカーを借りるのに必要な物
1) 国際運転免許証
2) ドライバーのクレジットカード

追加のドライバーについて
レンタカーを借りるカウンターにて、追加ドライバーと共に申請してください。

アメリカ国内で借りるレンタカーの保険について
ほとんどの州では、賠償責任補償のない自動車を運転することは上法であることから、レンタカー会社は第三者(対物、対人)に対しての最小の賠償責任補償を掛けています。但し、カリフォルニア州については、ドライバーが単独で責任を負うことになっていますので、注意ください。
また、自車両搊害補償制度/Collision Damage Waiver(CDW)や搭乗者傷害保険(PAI・PEC)、追加自動車搊害賠償保険(LIS)などの任意保険が必要な場合、ドライバーが追加で保険を掛ける必要があり、レンタカー会社で追加で掛けることができます。

ガソリン補給について
基本的に、レンタカーを受け取る時に、次の3つの選択から選びます。
1) 自分で満タンにして返す。必要分だけガソリンスタンドで自分が払えば良いが、飛行機の出発時間が迫っている場合など、ガソリンスタンド探しなどで慌しくなる。
2) ガソリン前払い制度(FPO):予め満タン分を購入しておく。ガス代単価は安いが、返却時の残量が少ないほどお得。
3) 後からレンタカー会社が満タンに補給する。ガス代単価はとても高くなる。

追加の装置について
スキーラックやGPS、ETC(有料道路自動料金収受システム)、チャイルドシートなど、事前にレンタカー会社に依頼しておく。

ウィークリー価格について
5日から7日以上のレンタルについてウィークリー価格が適用されますが、もし、5日以内に返却した場合、通常価格で支払うことになりますので、注意が必要です。



アメリカ合衆国内の空港レンタカー探しなら、
自分もいつも利用しているこちらがお勧め!
Onlineで自車両搊害補償制度(CDW)も追加購入できますし、予約キャンセルもできるので、安心して予約できます。

プロフィール

HN:
アメリカ50州Yoshi
性別:
男性
自己紹介:
アメリカでのホテルは、いつもこちらを利用。
10日宿泊すると1日無料で宿泊できるし、予約のキャンセルもできるのでとても便利。